京都の着物レンタルのサービス内容

🌸京都で着物をレンタルしたい方必見です🌸
京都の風情ある着物をレンタルできるお店です。着物を用意するならぜひ京都で。京都の着物は質が良いので、デザインだけでなく着心地も抜群です。


京都は観光地として有名なところですね。特にお寺などが多く和を感じるのが大きな特徴です。また京都の観光では着物を着た芸者さんもよく見かけます。芸者さんを見ていると、着物を着てみたいと思う人も多いのではないでしょうか。実際に京都のお寺などを着物を着て観光するのは、風情があります。ただ着物を購入するとなると、料金が高そうだし、買っても保管方法などが大変そうです。
そんな時のために、京都では着物レンタルをできるところが多くあります。レンタル料金も安く設定しているところもあり、気軽に利用できます。また、お金に余裕があれば高級な着物もレンタルできます。ただ、着物というのは着るのが大変そうです。そして着物に合わせて足に履く草履も必要でしょう。その点については、着物レンタル店のスタッフさんが着付けをしてくれます。さらに着物以外に草履も貸してくれますし、着物に合わせたバッグも借りられます。
着物のレンタル以外でここまでしてくれるのは、かなりの至れり尽くせりですが、他にもあります。髪型もセットしてくれます。着物を着る上では、それに合わせた髪型にしたいところです。ちなみに京都の着物レンタルは、安くて二千円前後から利用できるようです。着物メーカーの会社が京都にあるため安くできるようです。

京都をより楽しみたい方は着物レンタルを

昔も今も、多くの日本人に愛されている古都、京都。観光客でなくとも、女子であれば、そんな京都の古の町並みを、はんなりとした着物姿で歩いてみたいと夢見るのは当然のこと。とは言え、着物を着て京都を観光したいけれど、自宅から着物道具一式や、小物類を京都まで持って来るのは至難の技。
そんな方にこそ、ぜひ利用して欲しいのが、京都の着物レンタル。着物はもちろんのこと、帯や、またかんざしなどの小物も揃っており、更には着物に合わせたヘアメイクもしてもらえるなど、京都の着物レンタル店では、身一つで実に気軽に着物を楽しむことが出来るのです。そして京都の着物レンタル店の中には、アンティーク物の着物を扱っている店も数多くあるのがポイント。
京都には、もともと呉服屋さんも多くあったことから、都心のデパートに入っている着物屋でもなかなか見かけないような、お値打ち物のアンティーク着物が、レンタルであれば、比較的リーズナブルな価格で着ることが出来るのです。より古都・京都の雰囲気に浸りたいと言う方や、いつもの自分と少し違ったオシャレをして、イメチェンを楽しみたいと言う方には、京都の着物レンタルを利用されることを強くオススメします。

京都で着物レンタルするメリット

京都を旅行する際に記念に着物を着て観光したり、お寺や神社も多いので着物で結婚式に参列する人も多いのではないでしょうか。自分の着物で出向く人もいるかもしれませんが、一式持って行くとなると荷物になって大変ですし、着物を持っていないと言う人には着物レンタルをオススメします。
着物レンタルできるお店には、様々な柄の着物が用意されており、その数は目移りするほどです。着物だけでなく、帯や小物類などもレンタルすることができるので自分で好きにコーディネートできます。コーディネートの仕方が分からないという時は、スタッフの方がアドバイスしてくれるのでお願いしましょう。自分に似合う柄や色を選んでくれますよ。
京都で着物レンタルする際の持ち物ですが、ほとんどの場合は手ぶらで大丈夫です。着物用の草履や足袋といったものはプランに入っていることが多いです。着付けはもちろんのこと、たいていのお店はヘアセットも有料でしてくれます。ただ、春や秋は予約が集中しやすいので、早めに確認しておきましょう。
着物を着て一日外に出た後のクリーニングもレンタル屋さんがしてくれるので安心です。よほど汚さない限りは、こちらもプランの中に入っていることが多いので安心して返却するこどができます。手軽に気軽に着物をレンタルして、京都の街を楽しみましょう。

最新情報

正座

京都の着物レンタルでの染め着物と織り着物

かなりの昔から、着物は発展を続けてきました。そうした着物は我々を日常生活からタイムスリップさせる効果もあるとされます。と同時に、気楽なイメージが持たれていないのではないでしょうか。しかしながら、…

もっと詳しく

訪問着

京都の着物レンタルに係る寸法

日本には独特の四季があることから6月と10月に衣替えがあるのですが、これに応じて着物の仕立て方には2種類あるとされています。着物の素材とは、もっともポピュラーなものとしては絹が挙げられる…

もっと詳しく

うなじ

レンタルでも人気!京都の着物の仕立ての方法

仕立てに際しては、単衣と袷の2種類があるのですが、これは四季に応じて使い分けていくと良いでしょう。袷に関しては、主に冬季である10月ないし翌年の5月頃までに至るまで着用します。他方、単衣…

もっと詳しく